ドラマ

「中学聖日記」 最終回結末の誓約書は意味は?パラビには平成が書かれてない?!

年上の婚約者がいながらも不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生の禁断の恋を描いたドラマ『中学聖日記』。

キュンキュンが止まらないこのドラマは、特別編再放送として5月25日~から6月10日までの11日間、放送されることが決定しました♡

ドラマの最終回ラストの終わり方はハッピーエンドで、聖と黒岩晶くんが結ばれるスッキリとしたラストでしたが、気になるのが誓約書!

あれ?接近禁止命令が出ていたはずなのに?「中学聖日記」 結末の誓約書の意味とは?

誓約書の日付が「平成2018年」になっていたから無効になったと話題になっていますがこれは間違いだった?!

パラビには平成って文字がないと情報も!

そこで今回は、中学聖日記結末のラストの誓約書の意味についてご紹介していきたいと思います。

記事内容
  • 「中学聖日記再放送」最終回結末の誓約書の意味は?
  • 「中学聖日記再放送」最終回結末の誓約書が2018年で無効?間違い?
  • 「中学聖日記再放送」最終回結末の誓約書はパラビとドラマでは違う?

では早速記事に移っていきたいと思います♪

2週間お試しはここ「逃げ恥」2話視聴する↓

↑※5分で登録できすぐ見れます↑

「中学聖日記再放送」最終回結末の誓約書の意味は?

中学聖人気のラストシーン感動しましたよね。

「最後までどうなるか展開が読めない!」って感じの中であのラストシーン!!

もう涙涙涙でしたね。

こんな純愛なドラマなかなかないです!

2人で会っていることがわかった愛子(昌の母)が警察に通報して、警察署に連行された聖。一緒にいた晶も取り調べを受けました。

晶の母・愛子他に話したいといわれ、待ち合わせの場所に行くが、弁護士の姿も。

愛子は弁護士を通し、聖に接近禁止と守らなかったら500万円支払う誓約書にサインさせます。

「黒岩くんにとって大事なのは未来」昌の事を考えた結果のサインでした。

聖は昌の母、愛子に「もう二度と会いません」といい、単身タイに渡って日本語の教師になります。

ふたりは離れ離れに・・・

しかし5年後・・30歳を迎えた聖の元に23歳の大人になった昌の姿が!!

二人はハッピーエンドで終わりました。

しかし、母親愛子がと交わした誓約書はどうなったの?

今後会わないって話じゃなかったの?

「中学聖日記再放送」最終回結末誓約書の意味は?2018年で無効?間違い?

誓約書が平成2018年ってなっていますが、あれ??

聖ちゃん間違えてない?!

これはわざとなのか、聖のミスなのかも気になるとこですね。

平成2018年って事は、契約書が無効って事なの?!

色々疑問に思う点がありますがTwitterの反応をみていきましょう!

この誓約書に関して、誓約書、和暦なのに西暦で書いてしまってて、弁護士さんにそれを指摘された黒岩母はそれでもその誓約書を受け取り、晶が社会人になってからそれが無効になることを知っていたのでは?!っていう声もありました。

だとしたら母親の優しさですよね。

誓約書の日付と母の愛を知って泣いたって方も。

「中学聖日記再放送」最終回結末の誓約書がパラビでは平成が消えている?!

話題となっている契約書ですが、パラビでは平成って文字がなくなっているそうです。

確かに平成って文字が消えていますね。

当時話題となっていたドラマの契約書はこちら↓↓

平成の意味とは何だったのでしょうか?


ただのミスだったのかな?という声も!

この誓約書には奥が深いですね。

結果いい方向に進んだのなら、母親が許したって見方もできますね。

気になった方はパラビで中学聖日記全話が視聴できます!

誓約書見直しはこちら♡↓↓

2週間お試しはここ「逃げ恥」2話視聴する↓

↑※5分で登録できすぐ見れます↑

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「中学聖日記」 結末の誓約書は間違い?意味とは?パラビには平成が書かれてない?!についてご紹介しました。

パラビとドラマでは誓約書が少々違うようですね。

Twitterの声を見ると、誓約書に関しては色んな意見があるようです!!

是非パラビでもう一度チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました♡

中学聖日記再放送に関する記事はこちら↓↓

Koredol&Beauty
「中学聖日記」特別編放送地域一覧!関西mbs放送はある?