スキンケア

フレキュレルは子供に使用できる?口コミ・効果・評判を徹底調査!

フレキュレルは子供に使用できる?口コミ・効果・評判を徹底調査!

植物由来の美肌成分が8種類のフレキュレル。

保湿力・浸透力・持続力を兼ね備えた5種類の保湿成分。

メラニン抑制&排出のWケアでシミ・そばかすをケアしてくれるオールインワン美白クリームフレキュレル♪

そんな「フレキュレル」は子供に使用できるのでしょうか?口コミ・効果・評判も徹底調査していきたいと思います!

この記事を見て分かること
  • 「フレキュレル」は子供に使用できる?
  • 「フレキュレル」は子供の使用について口コミ評判
  • 「フレキュレル」は子供に使用する際の注意点

フレキュレルの公式サイトはこちら ★/

「フレキュレル」は子供に使用できる?

結論から先に言いますと、「フレキュレル」は子供に向けた商品ではないです。

16歳以下の子供は大人より、お肌が敏感なので個人的には使うのはお勧めはしません。

どうしても使用したいのなら、子供むけのものを選ぶのが無難でしょう。

▼「フレキュレル」がオススメな方▼

  • 肌がくすんで見える
  • 昔、日焼けをしてなかった
  • 最近、シミが目立ち始めた
  • スキンケアに時間をかけたくない
  • 高級な化粧品は買いたくない など

「フレキュレル」はシミ・そばかす専用のオールインワンジェルです。

厳選された成分「トネキサム酸」と「グリチルレチン酸ステアリル」が配合された医薬部外品なので、シミへの原因としっかりアプローチします^^

◎「フレキュレル」の特徴

  • 医薬部外品
  • 180日間返金保証付き
  • 厳選された成分「トネキサム酸」と「グリチルレチン酸ステアリル」配合
  • 植物由来36種類の成分配合
  • 6つの無添加 など

フレキュレルの公式サイトはこちら ★/

「フレキュレル」は子供の使用について口コミ評判

小さなお子様に使用したという声は見つかりませんでした。

原材料・成分
トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル、ローズ水、精製水、BG、シュガースクワラン、オクタン酸セチル、エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル、アルピニアカツマダイ種子エキス、ステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガム、イソステアリン酸フィトステリル、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)、ビサボロール、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、タイムエキス-1、プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、キウイエキス、ユキノシタエキス、アーティチョークエキス、1,2-ペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリルエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

フレキュレルは6つの無添加ですが、成分表を見てわかる通りアルコールが含まれているので、お子様の肌に使うのには避けたいですね。

子供の肌と大人の肌の違い

大人の肌は、肌の表面にある角質層が、外部からの刺激や異物の侵入から肌を守ったり、身体の内側に蓄えている水分が逃げないようにする役割をもつ「バリア機能」が備わっています。

バリア機能は①皮脂膜、②天然保湿因子、③角質細胞間脂質と呼ばれる3つの保湿因子によって維持されていて、素肌を維持しています。

思春期前の子供は成人と比較して表皮が薄いといわれているため、角層も相対的に薄く、天然保湿因子や角質細胞間脂質による水分保持能力なども不十分と言われています。

思春期を迎える頃から皮脂分泌量が増え、15歳頃で成人と同等になることから、10~14歳の間にバリア機能は成熟するものと考えられます。

なので、どうしてもお子様にフレキュレルを使わせたいのであれば16歳以上になってからのがいいのかなと思います。

変化を実感できる使い方

  1. パール2粒大を手に取ります
  2. お顔全体に塗り、下から上に引き上げるようになじませます
  3. 目立つ箇所や気になる箇所に、重点的に重ね塗り。 ※翌朝のメイク前にフレキュレルを薄く塗ると、よりいいでしょう。

使用するタイミング

朝・晩の1日2回、顔以外にも首やデコルテのも使うことができます。

気になるところは重ね塗りがオススメです。

シミは何故できる?原因とは?

皮膚は、一番外側の表皮と、その内側にある真皮からできており、シミに深く関わっているのが、表皮です。

皮膚の細胞は、通常約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー(新陳代謝)」を繰り返しています。

基底層にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、最後は表面かアカのようにはがれ落ちます。

なので紫外線を浴びて作られたメラニンも、ほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともにはがれ落ちます。

しかし色々な原因で、メラニンが過剰に作られ、ターンオーバーのサイクルが乱れて新陳代謝が滞ると、本来はがれ落ちるはずのメラニンも、そのまま滞って色素沈着=「シミ」となります。

主な原因は長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受けたり、たばこやストレス、不規則な生活や過労でもできるようなので、気をつけましょう。

 

フレキュレルの公式サイトはこちら ★/

「フレキュレル」は子供に使用する際の注意点

 

上記でもお話したように16歳未満のお子様の使用はおすすめはしません。

保管場所について

フレキュレルは簡単に開けることが容器になっていますので、子供に目に付かない場所・触れない場所、に保管するようにしてください。

子供に関するトラブルについて

もし誤って、子供の目や口にフレキュレルが入ってしまったら、すぐに洗い流してあげましょう。

洗い流しても何らかの症状が出ている場合は、かかりつけの小児科や皮膚科を受診しすることオススメします。

その際、フレキュレルの成分が記載されているパッケージや箱などを一緒に持っていくと、医師の診察に役立つと思います。

もし、お子さんの状態を確認し、もし嘔吐などをしている、呼吸が苦しそうというような場合は救急車を呼ぶなど、状態に合わせて対処。

そうならない為に、小さな子供がいるご家庭では、フレキュレルの保管場所には十分気を付けるようにしてください。

フレキュレルの公式サイトはこちら ★/

「フレキュレル」は子供に使用についてまとめ

いかがでしたか?

今回は「フレキュレルは子供に使用できる?口コミ・効果・評判を徹底調査!」をご紹介しました。

「フレキュレル」は子供に向けた商品ではないです。

16歳以下の子供は大人より、お肌が敏感なので個人的には使うのはお勧めはしません。

どうしても使用したいのなら、子供むけのものを選ぶのが無難でしょう。

「フレキュレル」はSNSなどでの良い口コミも多く、公式サイトでは、お得な割引なども紹介されているので、興味のあるかたは、ぜひはじめてみてください。

フレキュレルの公式サイトはこちら ★/