ペット

Ta-Ta(タータ)犬用の副作用やアレルギーの心配は大丈夫?

Ta-Ta(タータ)犬用の副作用やアレルギーの心配は大丈夫?

スプーン1杯の健康維持、はじめてみませんか?

いつもの食事にかけるだけ。

Ta-Ta(タータ)犬用は、足りない栄養素を補給健康維持をサポートします。

今回は、Ta-Ta(タータ)犬用の内容をチェックして、副作用の心配は大丈夫?について調べていきたいと思います。

SNSでも話題沸騰中!

▼Ta-Ta(タータ)公式サイトはコチラ!

Ta-Ta(タータ)犬用の成分表!

Ta-Ta,タータ

原材料は「コラーゲンペプチド(牛由来)」のみ。余分な成分は一切含まれておりません。
●原産国は日本。人と同じ品質の原料を使用しておりますので、安心して与えることができます。
●カロリーは愛犬の体重1kgあたり約1kcal。5kgの子なら1日あたり5kcalの計算になります。油を含まずタンパク質のみなのでとてもヘルシーです。

▼Ta-Ta(タータ)犬用が向いている方▼

  • 愛犬の栄養が足りているか気になる
  • 手軽に栄養補助ができるものを探している
  • 愛犬に行くつも元気でいてほしい など。

Ta-Ta(タータ)犬用は、精製されたTa-Taのコラーゲンは、余計なものを取り除いているので、香りは一切ありません。

ところが牛の皮から抽出しているため、しっかり“その味”がするのです。

犬の本能をかきたてるのも、Ta-Taの大きな魅力です。

◎Ta-Ta(タータ)犬用の特徴

  • コラーゲン入り
  • 無臭パウダー
  • 味はビーフ風味

SNSでも話題沸騰中!

▼Ta-Ta(タータ)公式サイトはコチラ!

Ta-Ta(タータ)犬用の成分のここがすごい!

成分表を確認したところ薬物有害反応となりそうな成分をTa-Ta(タータ)犬用には、含まれていませんでした。

副作用ってどういう意味?

副作用とは、薬物を服用したことによって生じる、主要な作用以外の2次作用を指す。

人体にとって悪い影響を及ぼす作用を副作用と呼ぶ傾向が強いが、本来の意味では良い作用か悪い作用かによって呼び分けるものではないので、注意が必要である。人体に悪影響を及ぼす作用のみを厳密に指す場合は、副作用ではなく「薬物有害反応」という言葉を用いる。

引用:副作用

Ta-Ta(タータ)犬用の魅力とは?

①皮膚の健康維持につながる

Ta-Ta,タータ,コラーゲン
コラーゲンは、皮膚の線維芽細胞※(せんいがさいぼう)に作用すると考えられています。コラーゲンが丈夫な皮膚をつくる手助けをすることにより、健康的な皮膚状態の維持を期待できます。

※線維芽細胞…ラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮の構成成分を作ります。

②健康的な被毛の維持につながる

Ta-Ta,タータ,コラーゲン
皮膚の状態が健康的に維持されることで、美しい被毛の維持が期待できます。

③関節の健康維持につながる

Ta-Ta,タータ,コラーゲン
加齢により骨と骨を支える関節軟骨がすり減ると、骨同士が直接触れ合ったり神経を圧迫することで、痛みが発生してしまいます。
コラーゲンは、関節の軟骨細胞に作用すると考えられています。コラーゲンが関節軟骨の再生に寄与することにより、関節の健康的な維持が期待できます。

コラーゲンに多く含まれている非必須アミノ酸が現代の犬の食事には不足しがちになっており、それをコラーゲンで補うことにより、骨、軟骨、靭帯、筋肉、爪、皮膚、毛、内臓など、 非必須アミノ酸を材料としている部位の健康を維持することが分かってきました。

抜け毛について

抜け毛にも変化をかじることができるでしょう。

SNSでも話題沸騰中!

▼Ta-Ta(タータ)公式サイトはコチラ!

Ta-Ta(タータ)犬用はアレルギーでも使用できる?

Ta-Ta(タータ)犬用は牛由来コラーゲンはアレルギー?

アレルギーは動物由来だけでなく、その動物のどの部分を食べたかにより決まります。同じ牛由来でも牛肉アレルギーと乳(牛乳)アレルギーが異なるのはこれが理由です。

同じように牛肉と牛コラーゲンも異なりますので、牛アレルギーだからと言って、牛コラーゲンもアレルギーだとは限りません。特にコラーゲンはアレルギーになりにくいことが知られております。更に本製品に使用されているコラーゲンペプチドはコラーゲンを低分子しており、よりアレルギーになりにくくなっております。

体調が悪くなったりする?

このような症状が出たという報告はありませんでした。

Ta-Ta(タータ)犬用の成分をすべてチェックしてみましたが、危険性のある成分を配合されていないようです。

しかしコラーゲンはたんぱく質です。たんぱく質摂取制限を受けている愛犬に与える場合は、事前に獣医師にご相談ください。

ドッグフード1日分に含まれるタンパク質を「100」とすると、Ta-Ta(タータ)1日分のタンパク質はわずか「7以下」です。健康なワンちゃんが「Ta-Ta(タータ)」を食べても問題はありません。また、腎臓(じんぞう)結石のワンちゃんに与えても問題ありません。

Ta-Ta(タータ)犬用の与え方

  1. Ta-Ta(タータ)を取り出す
  2. Ta-Ta(タータ)を普段の犬のごはんに振りかける
  3. 少量の水を注ぐ
  4. 軽く混ぜて完成

与えるタイミング

ミルクが終わって、ドッグフードを食べるようになった子犬から与えることができます。

子犬は体を大きく作る時期ですので体を作る材料の栄養補給として、成犬・高齢犬には健康な体を維持していくために日々作り替わっていく体の材料の栄養補給として最適です。
※コラーゲンはたんぱく質です。たんぱく質摂取制限を受けている愛犬に与える場合は、事前に獣医師にご相談ください。

普通のコラーゲンサプリとどう違うの?

長年コラーゲンを研究する企業との共同商品のため、一般的なコラーゲンと比べ、吸収されやすい低分子のものを実現しました。また、獣医師と5年に及ぶ研究でその安全性を確認したコラーゲンペプチドを原料として用いています。

また、動物の骨や皮から作るためニオイが残るものが多い中で、原料と工程にこだわることでニオイを減らすことで、98%の子で食いつくことを確認できています。

Ta-Ta(タータ)犬用の成分表まとめ

いかがでしたか?

今回は「Ta-Ta(タータ)犬用の副作用やアレルギーの心配は大丈夫?」をご紹介しました。

Ta-Ta(タータ)犬用の原材料名を見ても副作用となるものは含まれていませんでした。

Ta-Ta(タータ)犬用はSNSなどでの良い口コミも多く、公式サイトでは、お得な割引なども紹介されているので、興味のあるかたは、ぜひ試してみてください。

SNSでも話題沸騰中!

▼Ta-Ta(タータ)公式サイトはコチラ!